アロマスクールでスペシャリストになる

アロマスクールでアロマのスペシャリストになろう!

現代社会では悩みを抱える人が多く、癒しの仕事が求められています。癒しの代表、マッサージは医学の分野に入るため、授業料が高く勉強が難しいというイメージがあります。しかし 癒しというものはマッサージに限ったことではありません。アロマスクールに通い、アロマのスペシャリストを目指すというのも一つの道です。

アロマって一体何者?

アロマという言葉は実際よく耳にしますが、それが何かと聞かれると答えられない人も多くいるでしょう。アロマとは自然の植物や果実から抽出した芳香成分(精油)のことです。 そのアロマを活用し、心と体を癒すヨーロッパ発祥の自然療法をアロマテラピーと言います。 花の香りや好きな果物の香りを嗅いで気分が良くなったり、体調が良くなったという体験をしたことがある人も多くいるでしょう。それこそがアロマテラピーによる自然療法の力なのです。アロマテラピーの力はエステやリフレだけでなく、最近では福祉の分野でも注目され、様々な施設で活用されています。そんなアロマテラピーについて勉強ができるのが、 アロマスクールというわけです。

アロマの勉強と資格

アロマの勉強に関する範囲は、スクールによって多少 異なりますが、基本的にはアロマテラピーの基礎、アロマテラピーに関する法規、精油各論・総論、アロマテラピーの歴史、アロマテラピーのメカニズム、健康学と栄養学、日本アロマ環境協会に関する知識などを勉強します。また数を多くあるアロマスクールから自分が通うスクールを選ぶ際は、認定スクールを選ぶと良いでしょう。認定スクールには各種資格に関する対応コース があります。その種類は、アロマテラピーアドバイザー資格対応コース、アロマテラピーインストラクター資格対応コース、アロマセラピスト資格対応コース、アロマハンドセラピスト資格対応コース、アロマブレンドデザイナー資格対応コースと多岐にわたって対応しています。

スクールの費用と知識の活用範囲

さて、肝心なのはアロマスクールの授業料です。 アロマスクールの授業料の相場は 20万から50万といったところです。この金額が安いと捉えるか、高いと捉えるかは人それぞれですが、例えばマッサージなどで医学を勉強するとなると、 500万を軽く超えることも多いでしょう。同じ癒しの分野を勉強するということであれば、マッサージなどの国家資格に拘らずとも、アロマスクールでアロマの勉強をし、人の心と体を癒していくというのも一つの選択です。アロマテラピーの資格を取った後は、エステやリフレ、美容業界などで活躍するのもいいですが、福祉分野での活用や一般企業での従業員へのサービスなど一味変わった活用の仕方もおすすめです。また仕事だけではなく、自分の周囲の人や自分自身のために癒しを提供していくこともできるでしょう。